メイン画像

歯科では歯を磨くやり方をしているところもあります

歯科では、歯を磨くやり方をしているところもあります。特に矯正治療の歯科においては個人の治療時間が長いので、磨き方の指導などもちゃんとしてくれます。矯正をしている人には特に、磨く方法が重要だとされています。その理由はどうしてかというと、矯正器具と歯の間に、食べ物などがつまり、虫歯の原因になることが多いからです。我流でする場合と、歯の専門家の歯科衛生士の、指導では差に驚くことも多いといいます。歯を傷つけず、効率的な歯磨きのレクチャーはぜひとも受けてみましょう。

歯科医の治療内容の一つに、ホワイトニングがあるといいます。最近では芸能人に限らず常識の一つに、ホワイトニングがあげられます。ホワイトニングはその名の通り、歯の表面を白く美しくするという物でありますが、施術方法にも何個かあるものです。レーザー使用によるものや、専用のジェルでケアするものや、専用歯磨き粉でする方法などがあるといいます。それに、個人専用のマウスピースを作り、就寝時にマウスピースと専用の薬品で自分でする仕方もあります。

虫歯の為無くなった歯の治療の一環にインプラントという手法があります。インプラントとは入れ歯とは違い、歯茎の骨の部分にネジを埋め込み、そこにアバットメントという連結部品をつけて、そこへ義歯を乗せるものです。インプラントは今までのような咀嚼感覚を感じることができ、虫歯でない歯を削らなくてよい為、とても効果がある一方、手術が必須とのことで、体への負担があるほか手術費も1本当たり約30万かかり、入念にリサーチした方が無難でしょう。